メイク

【初心者向け】イケメンになれる男装コスプレのメイクテクニック!

男装コスプレメイク
レイヤー
レイヤー

男装キャラのコスプレしたいんだけど、そもそもメイクにあんまり自信がない!推しのイケメン顔に少しでも近づきたいし、普段のメイクでも参考になるやり方があればいいな。

男装大好きな女性レイヤーさん向けに、男装コスプレメイクの基本手順を紹介します!初心者でもイケメンな男装コスプレに挑戦したい人は、是非メイクテクニックの参考にしてみてください!

男装メイクの手順

コスプレにおけるメイクは、顔の輪郭や特徴を強調したり、肌のトーンを均一にして、理想のイメージに近づけるために行います。

男性ならではの顔立ちや特徴を強調したり、ナチュラルな男性像を演出するために、次の手順を参考に男装メイクを行ってみましょう!

男装コスプレ メイクの手順

  1. 肌のベースを作る
  2. ファンデーションとコンシーラーで肌をカバー
  3. テーピングでフェイスラインを整える
  4. シャドウで立体感を強調
  5. アイメイクで目元の印象を変える
  6. ハイライトとシェーディングで立体感を調整
  7. 唇メイクで男性らしさを演出

肌のベースを作る

メイクの前にはしっかりとした肌のケアが重要です。洗顔後や化粧水の後にしっかり保湿クリームや乳液を塗ることで、メイクのノリが良くなります。

頑張ってメイクをしても仕上がりが悪かったり、長続きしないとなかなかモチベーションがあがりません。

汚れなどをしっかり落とし、顔全体のコンディションを整えてからメイクを始めましょう!

肌のベース作り手順

  1. 顔全体をしっかり洗顔して汚れを落とす。
  2. 化粧水で保湿を行う。
  3. 乳液で肌の水分を閉じ込める。

下地を塗る

基本のベース作りができたら下地を塗っていきます。下地はひと手間プラスすることで、より均一で美しい肌に仕上がります。

ポイントは以下の3つです。

1.部分ごとに分ける

おでこや鼻筋は皮脂分泌が活発なゾーンです。これらの部分にはテカリ防止効果のある下地を選びましょう。逆に、頬や目元は乾燥しやすいので、保湿効果の高いものがおすすめ。頬全体だけでなく、乾燥しやすい部分には重ね塗りもありです。

2.毛穴や色ムラをカバー

毛穴が目立つ箇所には毛穴カバー効果のある下地を。パウダータイプやジェルタイプなど質感も様々なので、肌質や仕上がりに合わせて選んでみましょう。色ムラが気になる場合はトーンアップ効果のある下地がおすすめ。くすみやすい部分はピンク系やラベンダー系の下地で明るくカバーしましょう。

3. ツヤ・マット感で好みの印象に

ツヤ肌仕上げを目指す場合は光を反射するパールやラメ入りの下地がおすすめ。自然なツヤを与え、生き生きとした印象に仕上がります。

一方、マット肌仕上げを目指す場合は皮脂吸収効果の高い下地を選びましょう。サラサラとした手触りでメイク崩れも防げます。

下地選びは肌質に合わせて行うことが大切なので、デパートやコスメショップのテスターで実際に試してみるのもおすすめ。

下地だけでは肌をカバーするには弱く、ファンデだけでも化粧ノリや持ちが持続しません。上手に組み合わせて自分に合ったメイク下地を見つけてみましょう!

ファンデーションとコンシーラーで肌をカバー

ファンデーション・パウダー・メイクする女性

ファンデーションとコンシーラーを使うことで、シミやくすみが目立たなくなり、紫外線や乾燥による肌への負担も軽減できます。

色ムラやシワなどもカバーしてくれるので、凹凸のない均一な肌に仕上げていきましょう。

ファンデーションでベースメイク

肌質や仕上がりに合わせて種類や塗り方を選びましょう。基本的なファンデーションの塗り方と、種類ごとのポイントは次の通りです。

1.スキンケアをしっかりする

洗顔後、化粧水、乳液、美容液などで肌をしっかりと保湿します。

2.化粧下地を塗る

ファンデーションの持ちやノリを良くするために、化粧下地を塗ります。

3.ファンデーションを適量取る

顔全体で使う量を小豆粒大くらいにします。頬は多めで、額、鼻、あごなどは少なめを意識しましょう。

4.ファンデーションを顔全体に広げる

ファンデーションを顔の中心から外側に向かってパフやブラシで広げ、目元や口元などの細かい部分は指で軽く押さえるように塗ります。

5.フェイスパウダーで仕上げる

ファンデーションがヨレないように、フェイスパウダーで仕上げましょう。

コンシーラーで気になる箇所をカバーする

ファンデーションでベースメイクを仕上げた後も、気になるシミやくすみ、ニキビ跡などが目立ってしまう場合はコンシーラーがおすすめです。ファンデーションではカバーしきれない肌悩みをピンポイントに解決し、ナチュラル美肌へ整えてくれます。

ニキビ跡やシミは大きさに合わせてコンシーラーを塗り、指でぽんぽんとなじませます。目の下のクマには三角形にコンシーラーを塗り、ぼかすように広げましょう。

そんなコンシーラーを選ぶポイントは次の通り。

カバー力

ニキビ跡やシミが気になる場合は、しっかりカバーできる高カバータイプを。くすみやクマが気になる場合は、ナチュラルに補正できる中カバータイプを選択しましょう。

色味

自分の肌色に合ったカラーを選び、くすみやクマには1段暗めのカラーを選ぶのがコツです。

質感

乾燥肌の人は保湿感のあるクリームタイプ、脂性肌(オイリー肌)の人はサラッとした仕上がりになるジェルタイプがおすすめです。

コンシーラーは、ファンデーションだけではカバーしきれない肌の悩みをケアするアイテムです。自分に合ったコンシーラーを選び、より自然で美しい肌を作りましょう!

コンシーラーとファンデーションの順番

どちらを先に塗るかは使うファンデーションのタイプによって異なります。

正しい順番を守ることでメイクのクオリティを高めましょう!

パウダーファンデーションの場合はコンシーラーを先に塗りましょう。まずは洗顔でスキンケアを行い、化粧下地を作ります。
その後、カバーしたい部分を中心にコンシーラーを馴染ませ、パウダーファンデーションを塗っていきます。
水分や油分が多く含まれているため、コンシーラーの前にファンデーションを塗りましょう。洗顔でスキンケアを行い、化粧下地を作ったらコンシーラーを塗っていきます。最後は肌に密着させるようにフェイスパウダーで整えていきます。

テーピングでフェイスラインを整える

テーピングをする女性

コスプレメイクにおいてテーピングは欠かせないアイテムです!

テーピングを使うことでフェイスラインを変え、理想的な顔の輪郭を作りだせるほか、目元をつり目気味に整える際にも重宝します。

テーピングを行う際にはコスプレ用のテープを使用しましょう。透明で肌に貼っても分かりにくく、長時間付けても取れにくくなっています。

シャドウで立体感を強調

男装メイクにおけるシャドウは、顔に立体感を与えてれる重要なメイクです。

シャドウによるメイクを効果的に施すことで、顔全体の輪郭が整い、男性的な顔立ちを演出できます。

頬や顎周り、鼻の横や鼻筋に陰影を付けていくようにシャドウを入れることで顔に深みを与え、より男性らしい印象を醸し出してくれます。

パーツごとにシャドウを使った男装メイクを解説します。

鼻の影を作る

シャドウを使って鼻の影を作ることで、よりシャープな鼻筋を演出できます!鼻筋に沿ってシャドウを塗り、鼻の立体感を強調しましょう。

また、鼻の下あたりにも軽くシャドウを塗ることで、人中を短く見せる効果も期待できます。

チークの位置を変える

男性らしい印象を強調するために、チークの位置を変えてシャドウを作るのも効果的。

チークを頬骨よりも下に入れてシャドウを強調することで、より力強い印象になります。

また、頬骨の下にシャドウを入れると顔全体の輪郭を強調し、より男性らしい顔立ちになります。

目の影を深める

目の周りにシャドウを使って影を深めることで、男性らしい目元を演出できます。目の下のくぼみを強調し、シャープな目元を目指しましょう。

また、目尻にシャドウを入れることで、目を引き締める効果もあります。

顎のラインを強調する

シャドウを使って顎のラインを強調することで、シャープな顎を演出できます。

ラインに沿ってシャドウを塗り、顎の輪郭を強調しましょう。また、首と顎の境目にもシャドウを入れることで、顎のラインをよりクッキリさせられます。

アイメイクで目元の印象を変える

アイシャドウ・アイメイクをする女性

目元の印象を変えることで、全体の雰囲気が大きく変わります。

濃くなりすぎると女性っぽくなるので、マスカラやカラーアイシャドウなどの濃いメイクには注意。二重幅を作ったりアイライナーを引くのは構いませんが、目元のメイクが薄いほうが男性らしさが強調できます。

垂れ目の人はつり目に見せ、つり目の人は垂れ目に見せるのがコツ。シャープさを意識しつつ、少しずつアレンジを試しながら自分に合うアイライナーメイクを身につけましょう!

※カラコンで目元の印象はさらに変化するので、可能であればカラコンをつけた状態でメイクを試しましょう。

目と眉毛の距離は短く描く

眉毛は顔の印象を大きく左右します!

眉毛の形や位置を工夫することで、男装メイクにかかせない男性らしい顔立ちを演出できます。

メイクのポイントは眉毛と目の距離に注目すること。眉毛と目の距離が近い方が男性度が増します!

そのため、眉毛を描く際には目との距離を意識してバランスを取りましょう。一般的に、眉毛の内側は眉頭を少し短めに描き、眉尻を長めに引くのがコツ。

眉毛の太さと形

太めの眉毛は力強い印象を与え、男性らしさを強調します。眉毛を気持ち太めに描くことで顔全体のバランスが整い、男性らしい仕上がりになります。

眉毛の形については流行に左右されない平行眉や、やや角度がついた眉がおすすめ。男性らしいシャープな印象を与えるだけでなく、顔のバランスを整える効果もあります。

なりたいキャラクターやイメージによって眉毛の描き方は異なるかもしれませんが、眉毛とシャドウのバランスを意識して描くことで、よりリアルな男性キャラを表現できます。

眉毛の形や位置は個々の顔の特徴によって異なるため、あくまでも参考程度にしながら自分に合った眉毛メイクに挑戦してみましょう!

ハイライトとシェーディングで立体感を調整

フェイスラインを引き締め、全体のメイクが終わったらハイライトとシェーディングで顔の立体感を調整していきましょう。

頬骨の高い部分や鼻筋、顎先などにハイライトを入れることで光が反射し、顔立ちがよりハッキリと輝きます。

ハイライトを入れるポイント

  • 頬骨 一番高い部分にCの字を書くように入れる
  • 鼻筋 鼻筋全体に、細い線を描くように入れる
  • 顎先 顎のラインに沿って細く入れる
  • 目頭 目頭の下へ三角形に入れる
  • 唇上 唇上の中央へ縦に細く入れる

ハイライトの色選び

  • ベージュ系 ナチュラルな仕上がり
  • パール系 ツヤ感のある仕上がり
  • ピンク系 血色感のある仕上がり

ハイライトは薄く塗り重ねることと、ぼかしながら塗ることを意識しましょう。

シェーディングは顔の周りや眉下、鼻筋などに影を意識したカラー(ファンデーションより暗い色のファンデーションやパウダー)を入れることで、全体の立体感を微調整していきます。

また、シェーディングとハイライトの境目をしっかりとぼかすことで、自然な仕上がりになります。ハイライトを上手に使うことで顔全体の印象が華やかになり、立体感が出て小顔効果も期待できます。ぜひ、男装メイクに取り入れてみてください!

シェーディングを入れるポイント

  • フェイスライン エラ部分からあご先に向かって、ぼかしながらCの字を描くように入れる。
  • 鼻筋 鼻筋の両脇に細めのブラシで縦ラインを入れる。
  • おでこ 髪の生え際沿いに薄く入れる。
  • 小顔効果 頬骨の下やあご下にも軽く入れる。

唇メイクで男性らしさを演出

リップ・口紅をぬる女性

ぷっくりとした唇の厚みは女性的な印象を与えてしまいます。

薄い唇で男性らしく魅せるためには、コンシーラーを活用してみましょう。

まずコンシーラーで唇のふちの少し内側を塗ります。これによって唇の輪郭をぼかし、厚みを抑える効果があります。さらに、塗ったコンシーラーを指やブラシで軽く馴染ませることで、違和感なく自然な仕上がりのメイクができます。

唇の厚みはメイクで抑え、男装コスプレに必須のナチュラル唇を演出しましょう!

まとめ

男装コスプレメイクのポイントは、顔の輪郭や骨格を強調することです。眉毛の形や色、肌色は特に重要で、カバー力の高いコンシーラーやファンデーションでナチュラル肌のベースを作りましょう。

最後にシェーディングやハイライトを入れることで、男性らしく立体的に仕上げることも大切。男性キャラならではのメイクテクニックをマスターすれば、初心者でも理想的なイケメンになれるはず。

テーピングを使ってさらに効果を引き出し、より自然なコスプレメイクを目指しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました