カメラ

【オートモードから卒業!】カメラ初心者が最短でマニュアル撮影を目指す方法!

カメラ初心者
カメラ初心者

一眼カメラ買って何回か撮影したんだけど、オートモードで撮影することしかできなくて、ISOとかシャッタースピードの仕組みがよくわからない!
オートモードから卒業したいんだけど何から始めればいい?

 

今回はそんな悩みを解決します!

 

この記事の内容

  • オートモードのメリットとデメリット
  • マニュアル撮影ができるようになる方法
  • カメラのおすすめ参考書

 

それではご覧ください!

スポンサーリンク

【種類】カメラのオートモード

 

 

まず、カメラのオートモードの種類を紹介します!

  • Pモード
    絞り値とシャッタースピードをカメラが自動設定

  • シーンモード
    スポーツや風景、ポートレートなどシーンに応じたオート設定

  • Aモード
    絞り値を指定すると、それに合わせてシャッタースピードを自動設定

  • Sモード
    シャッタースピードを指定すると、それに合わせて絞り値を自動設定

  • ISOオート
    カメラがISO感度を自動制御(他モードと併用できる)

  • オートWB
    カメラがホワイトバランスを自動制御(他モードと併用できる)

 

このあたりがカメラに搭載されているオートモードです。

オートモードと言っても様々なパターンがありますが、カメラ初心者の人はシーンモードかPモードを使っていることが多いと思います。

 

ひとまず、自分が今どのモードを使っているかを把握しておきましょう。

オートモードのメリット

 

オートモードの最大のメリットはシャッターチャンスに集中できることです。

理由は、カメラが設定をオートで行ってくれるので、シャッターをきるタイミングだけに集中することができるからです。

 

例えば曇り空で撮影する場合、太陽が差し込んだり隠れたりが頻繁に繰り返されるような状況では、瞬時に明るさやホワイトバランスを変えるのは難しいです。

そんな時にオートモードであれば、周囲の状況に合わせて最適な設定をしてくれるというわけですね!

オートモードのデメリット

疑問女子
疑問女子

じゃあやっぱりオートにしておいた方が撮影しやすそうだし、結局オートは便利ってこと?

たしかにオートモードはシャッターチャンスに集中できて、煩わしい設定をしなくて済むので楽です。

でも、カメラは万能ではないので思ったような設定になってくれないことが多いです!

例としては、

  • 暗いところで明るくなりすぎる(その逆も)
  • 森など、緑が多いところで色が紫っぽくなる
  • 被写体がブレやすくなる

などが挙げられます。

色の変化はレタッチである程度カバーできますが、被写体ブレになると写真の見た目に直結するので避けたいところですね。

 

なので、「ここでこうしたい!」「こんな表現にしたい!」といった作品の意図を再現するには、不確実なオート撮影だと逆に難しいというわけです。

マニュアル撮影ができるようになる方法

 

おすすめはAモード(絞り優先)から徐々に慣れていく方法です。

理由は、仕組みが単純で理解しやすくトレーニングに最適だからです。

 

Aモードでの設定手順として、具体例を出してみます!

  1. AモードにしてF値を設定する
  2. 撮影する
  3. 被写体がブレてしまう(SSが低いのが原因)
  4. F値を低くしてみる(自動でSSが上がる)
  5. これ以上F値が下げられない場合はISO感度をあげる
  6. ブレはなくなったけど写真が暗い
  7. 露出補正をプラス側にする
  8. SSが自動で下がるのでISO感度を上げてブレないようにする
  9. 色味が気に入らない(青っぽい、赤っぽいなど)
  10. ホワイトバランスを調整する
  11. 完成

※SSとはシャッタースピードの略です。

 

上記のような流れで設定できると、F値とSS、ISO感度とホワイトバランスの仕組みが理解できると思います!

ちなみにここでの露出補正(7番の手順)の仕組みに触れておくと、プラスにするとSSの値が小さくなり、マイナスにするとSSが大きい値になります。
露出補正

Nikon公式サイトHPより引用

 

疑問女子
疑問女子

でもボタンの操作多そうだし、うまくできるか不安だなぁ

たしかに文章にして説明すると大変そうですが、実践してみるとすごく単純です!

Aモードについて詳しくは【カメラ初心者向け】マニュアル撮影への近道はAモード!設定方法を解説!で解説しているので気になる方は是非ごらんください。

 

Aモードについて簡潔にまとめると、

  • AモードでF値とISOを最小限にした状態からスタート
  • SSを希望する値に調整するためにISOを上げる
  • 写真の明るさは露出補正、色味はホワイトバランスで調整する

上記のイメージになります!

 

被写体がブレないSSの値は、動きや状況により異なります。

必要なSSの値については【カメラ初心者向け】写真がブレないシャッタースピードの目安はいくつ?を参考にしながら、幾つに設定すれば被写体がブレないかを身体に覚え込ませていきましょう!

カメラのおすすめ参考書

「カメラはじめます!」

カメラを始めたけど設定とか仕組みがよくわからない!

という人がまず最初に辿り着く参考書が「カメラはじめます!」だと思います。

 

全ページカラーイラストで、オートモードから卒業するための方法が簡潔に解説されているので読みやすいです!

初心者向けに分かりやすく、カメラの操作が簡単に理解できる構成になっているのでおすすめです!

まとめ:Aモードをマスターすれば完璧!

今回はカメラのオートモードから卒業するためには何が必要か?について記事にまとめました。

今回の要点は、

  • カメラのオートモードは万能ではない!
  • Aモードを覚えてカメラの仕組みを理解する!

 

オートに頼らず自分で設定して撮影できるようになれば、色んな環境で思い通りの写真表現ができるようになるはずです!

まずは簡単なAモードからはじめて、徐々にマニュアル撮影に挑戦してみましょう!

 

Aモードについて詳しくは【カメラ初心者向け】マニュアル撮影への近道はAモード!設定方法を解説!で解説しているので気になる方は是非ごらんください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました