カメラ

【カメラ初心者向け】写真がブレないシャッタースピードの目安はいくつ?

カメラ初心者
カメラ初心者

動いている被写体さんの動きを止めるにはシャッタースピード幾つぐらい必要なの?
被写体さんが動くスピード別の最適なシャッタースピードを詳しく知りたい!

今回はそんな悩みを解決します!

 

この記事の内容

  • 写真がブレてしまう原因
  • 被写体ブレと手ブレの違い
  • シャッタースピードの目安

 

それではご覧ください!

スポンサーリンク

動きが止まるシャッタースピードの目安

日中など外の明るさがある環境などではシャッタースピードの目安は共通しています。

逆に、室内や夜などの暗い環境・設定でストロボを混ぜた撮影をする場合では、目安となるシャッタースピードの数値が変わるので、しっかり理解しておくと便利です!

 

それを踏まえて、被写体ブレしないシャッタースピードを表にまとめてみました!

被写体の状態 シャッタースピード
ストロボなし
  被写体の状態 シャッタースピード
ストロボあり
静止 1/60   静止 ~1/250
歩く 1/500   歩く ~1/250
走る 1/1000   走る ~1/250
ジャンプする 1/640   ジャンプする ~1/250
回転する 1/1250   回転する ~1/250

 

上記の表はあくまで目安ですが、手ブレしないようにするには最低でも1/60程度のシャッタースピードを確保して、しっかり構えてから撮影するようにしましょう!

 

ストロボ撮影の場合、基本的にはシャッタースピードが1/250までと上限が決まっています。※詳しくは「ストロボ シンクロ 同調速度 ハイスピードシンクロ」などでググってみてください!

疑問女子
疑問女子

じゃぁストロボ撮影の時ってブレまくりじゃないの!?

 

スタジオ(設定次第)や夜間撮影においては、ストロボの光で被写体を写し止められるので、速いシャッタースピードは必要ありません。

詳しくは【コスプレ撮影】レイヤーさんの激しい動きを確実に写し止める3つの方法!で解説しています!

写真がブレてしまう原因

写真がブレてしまう原因は、

  • 手ブレ:カメラがしっかり構えられていない
  • 被写体ブレ:カメラの設定に対して被写体の動きが速い

上記のような2つの原因によりブレが発生します。

 

なので、写真をしっかり写し止めるには、「手ブレと被写体ブレの違い」を理解して対策しましょう。

カメラのシャッタースピードに対して、被写体の動き具合とカメラの安定感を考えながら設定していくのがコツです。

 

カメラのオートモードに頼らない

設定する際の注意点としては、オートモードだとカメラが臨機応変に設定してくれないことです!

カメラをしっかり構えることを基本に、被写体の動きに併せたシャッタースピードは自分で設定しましょう!

設定はAモードがおすすめ

シャッタースピードの設定はAモード(絞り優先モード)を使って覚えていくのがおすすめ!

Aモードは絞り、ISO感度の仕組みもまるごとセットで覚えやすいモードなので、Aモードに慣れれば「マニュアルモード」で撮影できるようになります。

なので、現在オートモードで撮影している人は、将来的に全て自分で設定できるようになるためにもAモードでの撮影に挑戦してみましょう!

 

Aモードについて詳しくは【カメラ初心者向け】マニュアル撮影への近道はAモード!設定方法を解説!で解説しているので気になる方は是非ごらんください。

 

カメラのおすすめ参考書

「カメラはじめます!」

カメラを始めたけど設定とか仕組みがよくわからない!

という人がまず最初に辿り着く参考書が「カメラはじめます!」だと思います。

 

全ページカラーイラストで、オートモードから卒業するための方法が簡潔に解説されているので読みやすいです!

初心者向けに分かりやすく、カメラの操作が簡単に理解できる構成になっているのでおすすめです!

まとめ:シャッタースピードを意識して設定しよう!

今回は写真のブレを防ぐシャッタースピードについて解説しました!

意図を持ってシャッタースピードを設定できるようになれば、色んな作風で写真を撮ることができるようになります。

 

あえて躍動感を持たせるためにブレを取り入れたり、水しぶきをピタッと写し止めたりするなど、目的に合った設定ができるように挑戦してみましょう!

◆関連記事:【コスプレ撮影】最初に買うストロボで間違いなくおすすめなのは〇〇!

コメント

タイトルとURLをコピーしました