カメラ

【コスプレ撮影】レイヤーさんの激しい動きを確実に写し止める3つの方法!

「コスプレ撮影でレイヤーさんの速い動きをピタッと止めて撮影したいんだけどたまにブレたりして上手くいかない。特にスタジオ撮影なんかだと難しい・・・どんな設定をしたらいい?」

 

今回はそんなお悩みにお答えする記事です!

この記事を参考にすればコスプレ撮影で動きのある写真をブレさせずに撮影することができるようになります!

 

コスプレ撮影に多いスタジオ撮影など、暗い環境での写し止め方を今回の記事を参考に理解すれば撮影表現の幅がグッと増えます!

 

今回の内容は、コスプレ撮影に関わらず全ての人物撮影で共通している事なので是非参考にしてみてください!

 

この記事の内容

  • シャッタースピードを調整する
  • しっかり被写体の動きを追いかける
  • ストロボ発光で動きを止める

 

それでは順番に解説していきます!

スポンサーリンク

シャッタースピードを調整する!

 

人の動きをとめるには500~1000分の1ぐらいのシャッタースピードが確保されていれば大抵の動きを止める事ができます!

 

外など明るい場所ではシャッタースピードを確保しやすいですが、室内だと難しいです。 理由としてはISO感度を上げる必要があることと、F値の低い明るいレンズが必要になるからです!

たとえF値が暗いレンズでもISO感度を上げてシャッタースピードを確保すればいいのですが、そうすると画質が悪くなってきます・・・

 

どんな環境でもISO感度を節約しつつ撮影するのが理想です!

 

被写体の動きを追いかける!

 

F値が暗く、ISO感度があげられない状況でシャッタースピードが遅くても被写体の動きとカメラの動きがピッタリシンクロすれば一定方向の動きだけ止めることは可能です。

 

例えば被写体が真横に動くスピードと同じスピードでカメラをふって撮影すれば同じ動きで同じ方向に動いている部分は写し止められます!

 

 

 

上の写真のように背景が流れていて、被写体のみ止まっている写真がわかりやすいと思います!

これは【流し撮り】というテクニックなのですが、F1レースの撮影などで多用されている技術です。

 

しかしこの方法だと、一部の動きは止められますが衣装のひらみなど、全てを止めることはできません。

そして何より難しいです!

ストロボ発光で動きを止める

 

実はストロボを使うと、どんなに速い動きでも止めることが出来ます!

 

仕組みのイメージとして少し例を出してみます。

 

何も見えない真っ暗な部屋でフラッシュ撮影すると、一瞬だけ照らされた被写体が目に見えるはずです。

その光ったほんの一瞬が写真になるので、被写体が止まって写るという理屈です。

 

ストロボの発光時間は雷のように一瞬なのでそのスピードを超えないとブレることはありえません。

 

その原理を上手く使えば暗い場所、暗い環境で動きをピッタリ止めることが出来るわけですね!

 

ただ注意点として、ストロボ無しの状態で被写体の色が見える設定になっていると、ストロボを使ってもシャッタースピードや被写体の動きによってはブレてしまうことがあります!

ポイントは被写体を完全に真っ暗な状態に設定してストロボの光をあてて撮影するということです!

 

このテクニックを理解しておけば様々な撮影表現に活かせますよ!

 

実際に上の写真はストロボでマントのひらみを写し止めています!

ストロボがなければ、シャッタースピードを800分の1程度ほど確保しなければいけません。

暗い環境でそのシャッタースピードを確保するのは画質面でもかなり辛いです。

 

繰り返しますが、ストロボを使えばどれだけ速くても簡単に写し止めることができますよ!

 

なので、ストロボを効果的に使って動きを止めるテクニックをしっかりと身につけましょう!

まとめ

 

今回は被写体の動きを止める方法をご紹介しました!

コスプレ撮影ではスタジオや夜撮影など暗い環境での撮影機会はとても多いです。

そんな時、ストロボで動きを止めるテクニックを身に付けておくと撮影の幅が広がるので、是非活用してみましょう!

撮影協力:真冬さん
twitter@mafuyuhasamui
真冬さんインタビュー記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました