カメラ

【コスプレ撮影ライティング!】ストロボ一灯だけ!?陰影のある写真の撮り方!

ぱた
ぱた

機材が少なくてもかっこよく撮れる!

ストロボ一灯だけで撮影できる、陰影を活かしたライティング方法を紹介します!

 

この記事の内容

  • ストロボ1つの簡単ライティング
  • 影をつくるとかっこよく撮れる
  • 撮影につかった機材と費用

それではご覧ください!

 

スポンサーリンク

影をつけるとかっこいい写真になる!?

 

写真に影の部分をつけると陰影がはっきりして、かっこいい写真になります!

陰影のある写真にチャレンジしようとしても、設定がうまくいかなくて真っ白or真っ黒になってしまう・・・という人はぜひ参考にしてみてください!

今回はこちらの写真を撮影した際のライティングを解説していきたいと思います!

【イラストあり】ライティング解説!

こちらは撮影現場を上から見た図です!

撮影のポイント

  • 壁から約1m離れたところに立ってもらう
  • 部屋をなるべく暗くする
  • ストロボは被写体の左側に3mほど離して配置
  • ストロボの角度を調整しながら撮影する

以上のポイントを意識してみましょう!

それでは順番に解説します!

 

①:壁から約1m離れたところに立ってもらう

 

影の出し方にもよりますが、今回の場合壁から少し離れた所に立ってもらいます。

そうすると、ストロボのライトが被写体の後ろをやんわり照らしてくれるので立体感が生まれます!

 

②:部屋をなるべく暗くする

 

撮影ブースをなるべく暗い状態にして撮影しましょう!

電気が消せるなら電気を消す、カーテンが閉められるならカーテンを閉めて暗くします!

 

もし環境で暗くできない場合はISO感度を下げるなど、カメラの設定で暗さを調整しましょう!

 

③:ストロボは被写体の左側に3mほど離して配置

 

ストロボは被写体からなるべく離して配置します!

近すぎると光が広がらず、影もうまくできないので、ストロボのパワーに合わせて距離を調整してみましょう!

 

④:ストロボの角度を調整しながら撮影する

 

ストロボの向きが壁寄りに向いていると、壁が強く照らされます。

そうすると、写真を見る人の視線が壁に行ってしまいます!
※人は明るい所に視線がいく傾向があるため。

なので、壁になるべく光がかからないようなイメージでストロボを設置しましょう!

 

【ひとくちメモ】ストロボで動きを止められる?

ストロボなしの状態で1枚撮ってみて、被写体が完全に真っ黒な状態(設定)であれば、ストロボ発光で被写体さんの動きを止めることができます!

この仕組みを使えば、マントをひるがえすような”ひらみ撮影”やシャッタースピードが遅い設定でもブレずに撮影できます!

 

被写体がストロボの光で止まる仕組みは【コスプレ撮影】レイヤーさんの激しい動きを確実に写し止める3つの方法!で解説しているので興味のある方は参考にしてみてください!

今回の撮影ライティングに使った機材

 

今回の撮影で使用した機材は、

  • カメラ:FUJIFILM X-T4
  • レンズ:Ai Nikkor 50mm F1.8S
  • ストロボ:Godox TT600
  • フラッシュトリガー:Godox XproF
  • ライトスタンド:FOSOTOライトスタンド4段

上記の通りです!

 

カメラとレンズはこの通りでなくてもなんでも撮れます!

重要なのは、ストロボをスタンドに取り付けてワイヤレスで発光させること!

 

必要なストロボ一式は【コスプレ撮影】最初に買うストロボで間違いなくおすすめなのはTT600!ライトスタンドについては初心者向け!軽くて持ち運び便利なライトスタンド!で、それぞれ解説しています!

 

また、今回使用した50mmレンズについては【レンズ節約術!】憧れの明るい単焦点レンズを3万以下で2本買う方法!で紹介しています!

 

まとめ:ストロボ1つだけでもかっこよく撮れる!

今回はストロボ1灯のみをつかったライティングを紹介しました!

ディフューザーを使うには狭い場所や、機材がまだ揃っていない!といった場合でも使える撮影なのでぜひ参考にしてみてください!

撮影協力:ふにゃんさん
twitter@reirei_mf
ふにゃんさんインタビュー記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました