カメラ

【初心者向け】ライティング機材に掛かる予算をシミュレーションしてみた!

お料理おたく
おたく

なるべく安く抑えたいのは理想なんだけど、オフカメラライティングに必要な機材を揃えたらどのくらいお金がかかるの?

今回はそんなお悩みにお答えします!

初めてのコスプレ撮影ストロボライティングに必要な機材集まとめ
おたく コスプレカメラマン初心者です!いままでカメラにストロボを取り付けて撮影していたのすが、オフカメラライティングに挑戦したくなりました。そこで質問なのですが、必要な機材は最低限何があればいいですか?できれば安くて初...

上記記事で紹介しているおすすめ機材をもとに、いくらで購入することができるのかをシミュレーションしてみました!

機材選びの参考にしてみてください。

本記事の内容

  • オフカメラライティングに必要な機材
  • 【予算】全てを揃えるのにいくらかかる?

オフカメラライティングに必要な機材

ライティング機材

今回紹介するオフカメラライティングに必要な機材は以下の通りです。
前回の記事を読んで必要なものが分かっている場合は【予算】全てを揃えるのにいくらかかる?まで読み飛ばしてくださいね。

  • ライトスタンド
  • ディフューザー
  • ブラケット
  • ラジオスレーブ
  • 電池&充電器
  • カラーフィルター

ライトスタンド「FOSOTO」

軽くてコンパクトに折りたたみできるライトスタンドで、初心者にも扱いやすくておすすめです。

【必見】フットワークが劇的に変わるコスプレ撮影に最適なライトスタンド!
おたく ポートレート撮影やコスプレ撮影をするようになって機材が増えた! 特にライトスタンドが大きくて重いからどうにかしたい!軽くてコンパクトな機材があればおすすめ教えてほしい! 今回はそんな悩みにお答えする...

「UNPLUGGED STUDIO 43インチアンブレラ」

トランスルーセントと呼ばれる透過型のアンブレラは展開が簡単、かつ軽量なので気軽に持ち運ぶことができ、柔らかい光を作り出すことができます。

「Godox 60x60cm グリッドソフトボックス」

ソフトボックスは展開に少しコツが入りますが方向性のある光を作り出すことができます。バリエーション豊富な形やサイズがラインナップされているのも特徴です。

【コスプレ撮影!】ストロボディフューザーは結局コレがおすすめ!
最近コスプレ撮影を始めたんだけど、ストロボディフューザーで悩んでる!アンブレラとかソフトボックスとか、種類もサイズも沢山あって結局何が良いのかよくわからないから、とりあえずコレ買っとけば間違いないよ!ってやつあれば知りた...

ブラケット「GodoxS2型ブラケット」

※先ほど紹介したソフトボックスを購入する場合セットで付属しているので、一灯ライティングの場合追加購入の必要はありません。

  • アンブレラホルダー

アンブレラやストロボだけの固定なら「アンブレラホルダー」もおすすめ。ディフューザーを装着せず撮影する際も便利なので一つ持っておくといいですね。

ラジオスレーブ「Godox Xpro」

安くて高性能なGodoxのラジオスレーブでコスプレカメラマンの多くが使っているアイテムです!ニコン、キヤノン、FUJIFILMなどメーカーごとに分けて販売されているので確認の上購入しましょう。

※カメラメーカー純正のストロボを光らせることができないので、Godox製のストロボを別途揃えてシンクロさせましょう。

【コスプレ撮影】最初に買うストロボで間違いなくおすすめなのは〇〇!
「コスプレ撮影を始めてストロボの購入を検討しているんだけど値段が高い・・・2万円越えなんてザラだし、ストロボ1つにそこまでお金かけられない。かと言って安いストロボだとちゃんと光るか不安だから、性能もそこそこで安いオススメ...

上記記事でも紹介しているGodox製ストロボの「TT600」は安くて充分光るのでまずはこちらを揃えてみましょう。

※自己責任のこぼれ話
この記事を書いている私はXpro-F(フジフィルム用)を購入し使用していますが、併用しているオリンパスのカメラに取り付けても動作しています。ニコンのストロボをフジやオリンパスの頭に取り付けても発光するので、それと同じ仕組みだと思っていますが自己責任で!笑

電池&充電器「エネループ」

ストロボとラジオスレーブには乾電池が必要!繰り返し使える充電式乾電池「エネループ」が便利です。ラジオスレーブには2個、ストロボには4つのエネループが必要なので予備含めて12本程度あれば安心です。

カラーフィルター「Selens」

20色のフィルムが入っていて値段も安いのでおすすめ。

こちらもブラケットと同じくストロボにおまけで付属しているので、まずはそちらをそのまま使ってみましょう!

【予算】全てを揃えるのにいくらかかる?

ここで気になる本題です!

先ほど紹介した機材を全て揃えるといくらかかるのか調べてみました!予算のイメージは大切なので是非参考にしてみてください!

機材 商品名 金額
ライトスタンド FOSOTO4段 5,000円
ディフューザー UNPLUGGED STUDIO 43インチアンブレラ 2,500円
Godox 60x60cm グリッドソフトボックス 7,200円
ブラケット GodoxS2型ブラケット 3,200円
Mollytek アンブレラホルダー2個セット 1,800円
ラジオスレーブ Godox Xpro 9,000円
電池&充電器 エネループ急速充電器セット 4,700円
カラーフィルター Selensカラーフィルター20色セット 1,000円
  合計金額34,400円

※Amazon価格参照

というわけで、全て揃えると約35,000円という結果になりました。
ストロボは入れていませんが当ブログでもおすすめしているTT600は一台9,000円程度となっています。(カメラメーカー純正品だと30,000~50,000円はかかります・・・)

また、表の赤字の部分は選択の余地があるので、実際の金額はこれよりも安くすることができますが、おおむね3万円くらいかかりますね!

まとめ

今回は、初めてオフカメラライティングをする際に揃えるべきおすすめ機材と、実際に揃えた際にかかる合計金額について紹介しました。

結果は30,000~40,000円かかるということがわかりました!

Amazon楽天ヤフーで比較をおこない、全てにおいてAmazonが圧倒的に安かったのでAmazonで揃えるのがおすすめ。

これらの機材は一度揃えると長く使えるので初期投資として考えましょう!

初めてのコスプレ撮影ストロボライティングに必要な機材集まとめ
おたく コスプレカメラマン初心者です!いままでカメラにストロボを取り付けて撮影していたのすが、オフカメラライティングに挑戦したくなりました。そこで質問なのですが、必要な機材は最低限何があればいいですか?できれば安くて初...

コメント

タイトルとURLをコピーしました